統合失調症は男と女でどう違う?

230 Views

January 15, 24

スライド概要

統合失調症と女性ホルモンであるエストロゲンの関係をYouTubeやレクチャーで解説するのに使用した資料です。レクチャーでの使用OKです。

profile-image

精神科医、大学教員かつYouTuberです。資料は講義での使用OKです。 私がYouTubeで使用している資料につき公開をご希望の方がいたら、該当する動画のコメント欄でお知らせください。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

統合失調症と 女性ホルモン

2.

統合失調症は 男女どちらでも なる病気 ただ、専門的には…

3.

統合失調症は どちらかというと 女よりも 男の方が 多い Aleman et al., Arch Gen Psychiatry. 2003 PMID: 12796219 McGrath et al., Epidemiol Rev. 2008 PMID: 18480098

4.

統合失調症は 男性よりも女性の方が 症状が軽い 男性よりも女性の方が 抗精神病薬の治療で 改善しやすい Usall et al., Psychiatry Res. 2007 PMID:17681611

5.

統合失調症の 発症年齢は 10代~20代 が多い

6.

統合失調症の 平均発症年齢は 男が18-25歳 女が25-35歳 男よりも女の方が遅い Ochoa et al., Schizophr Res Treatment. 2012 PMID: 22966451

7.

精神診療 プラチナ マニュアル

8.

統合失調症の 女性の発症年齢には 初経後と 40歳以後の 2つのピーク Ochoa et al., Schizophr Res Treatment. 2012 PMID: 22966451

9.

40代以降に発症する 統合失調症は 遅発性統合失調症 と呼ばれる

10.

遅発性統合失調症は 男より女の方が 2-4倍多い Huber et al.,Arch Psychiatr Nervenkr.1975 PMID:1217977を下記が引用, 安田学, 加藤敏, 高齢発症統合失調症(遅発性統合失調症), 日本臨牀, 71(4),707-711, 2013

11.

精神診療 プラチナ マニュアル

12.

統合失調症の性差には 女性ホルモンの エストロゲン が関係

13.

エストロゲンは •脳の神経細胞の成長と 発達に関与 •脳の炎症を抑制

14.

エストロゲンが 多いほど 統合失調症の 症状が軽い Seeman, J Psychiatry Neurosci. 1996 PMC1188751 エストロゲンが 統合失調症を抑える

15.

抗精神病薬で治療されている 統合失調症 エストロゲン治療 が追加で行われている方が 症状が軽かった Begemann et al., Schizophr Res. 2012 PMID:22998932

16.

女性ホルモンである エストロゲンの存在により 統合失調症が •女性の方で少ない •女性の方が遅く発症する の原因と考えられている

17.

エストロゲンが減る 更年期になって 統合失調症を発症 する人もいる だから 遅発性統合失調症は 男性よりも女性に多い

18.

若くして発症した 統合失調症も 更年期に悪化 しやすい Szeliga, Maturitas. 2021, PMID:34674808