Stripeで拡がるオンラインビジネス & サブスクリプション

864 Views

November 24, 23

スライド概要

Stripeは、従来手作業で処理されていた請求やサブスク管理を自動化することで、ビジネスの収益獲得を容易にします。例えば、請求処理の遅滞や未収金による資金繰り問題などが発生することを防ぎます。さらに債権管理を自動化することで、業務の効率化にもつながるという利点があります。Stripeは、適格請求書・簡易請求書への対応やインボイス制度の対応ガイドも提供しています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

JP_Stripes Stripeで拡がるオンラインビジネス & サブスクリプション @hidetaka_dev Updated Apr 2023

2.

👋 Hello! Hidetaka Okamoto(岡本秀高) Developer Advocate @ Stripe 💬 @hidetaka_dev ✉ https://hidetaka.dev AWS Samurai 2017 AWS Community Builder Alexa Champions

4.

Increasing The GDP Of the Internet

5.

ビジネスの目的は 「収益の獲得」 写真:rupixen.com on Unsplash https://unsplash.com/ja/写真/4kIM7ED8F1A Unsplashライセンス

6.

請求処理を ● 遅滞なく ● 正確かつ ● 適切に 写真:FIN on Unsplash https://unsplash.com/ja/写真/0rHxkbcvQAE Unsplashライセンス

7.

なぜサブスク管理・請求管理がビジネスに重要か? 請求方法1: 紙の請求書 + 銀行振込 ● もっとも手軽に開始できる ○ Excel / テンプレート / webサービスで作成 ○ 郵送またはメール ○ ネットバンクなどで入金をチェック ● 「入金が遅延した」場合に、 対応のための時間ロスや、未収金による資金繰り問題が発生 7

8.

なぜサブスク管理・請求管理がビジネスに重要か? 請求方法2: クレジットカード決済による請求 ● カード会社を利用し、「回収漏れ・遅延リスク」を最小化 ○ カード会社の与信審査による信用チェック ○ スケジュールベースの請求処理で、請求漏れを回避 ● 「カード情報を安全に入手する方法」の知識が必要 ○ 決済URLのメール送付 ○ PSP提供のカード要素を申し込みフォームに埋め込み 8

9.

Stripeで 複数の決済に 対応した 請求書を発行

10.

Stripeアカウントと 顧客のメールアドレスがあれば、 クレカにも対応した請求がすぐできる 10

11.

債権管理が非常に楽になったと、 経理担当者に喜ばれて います。いくら売れていて、 いつ入金されるのか、 従来は手作業で消し込み をしていましたが、 Stripe はそれを自 動化してくれました。『請求額より多く振り込まれた場合』『モリサワの別口座に入金さ れた場合』などの イレギュラーケースにも素早く対応できる ようになり、さらに、詳細な レポートも財務管理を助けてくれています。 小室 貴史 モリサワ システム開発部門シニアテックマネージャー https://stripe.com/jp/newsroom/stories/morisawa-and-stripe 11

12.

スムーズな請求と回収 New 適格請求書・簡易請求書への対応 12

13.

「売上・決済」から「収益」へ Stripeでのインボイス制度対応リソース 対応ガイド ベストプラクティス https://stripe.com/jp/guides/japan-invoice-system https://stripe.com/docs/invoicing/japan-config-guide https://stripe.com/sessions 13

14.

Stripeで拡がるオンラインビジネス& サブスクリプション 「売上・決済」から「収益」へ 73% 短期的な収益性の改善がより重要 ● 短期的な売り上げの向上 ● コスト削減と効率化 サブスクリプションと課金請求管理の現状に関する報告書- Stripe https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000077879.html https://stripe.com/sessions 14

15.

素早くかつ 少ない手間で、 1件目の売上を 獲得する 写真:Simon Hurry on Unsplash https://unsplash.com/ja/写真/QeJAe7I_N9M Unsplashライセンス

16.

コストを削減する 決済コストの多くは水面下に隠れています 手数料率 開発生産性 組み込みとメンテナンス 予定外の機能停止 コンプライアンスの維持 不正使用とチャージバック グローバル展開 データ侵害 会計上のオーバーヘッド 技術的負債 柔軟性のないシステム 16

17.

なぜサブスク管理・請求管理がビジネスに重要か? 提供方法・経路に応じて、プラン契約ルートを選択 申し込みURLを作成して、共有する https://stripe.com/jp/payments/payment-links 個別に契約を作成し、メールや紙で共有 https://subscription.new 17

18.

JP_Stripes 広島 vol.6 Re:boot サイトへの埋め込みも、コードスニペットで完結 埋め込み型の料金表 <script async src="https://js.stripe.com/v3/pricing-table.js" ></script> <stripe-pricing-table pricing-table-id="prctbl_xxxxx" https://twitter.com/rdlabo/status/1585532646859358209 publishable-key="pk_test_xxxxx" ></stripe-pricing-table> Stripeがホストする顧客マイページ https://stripe.com/docs/customer-management/activate-no-code-customer-p ortal 18

19.

“ユーザー向けの画面も用意さ れているので、自社のロゴを入 れるだけで新たに開発する必 要がありません。1週間という "爆速" で実装することができ ました” https://stripe.com/jp/customers/oh-my-teeth

20.

スムーズな請求と回収 メール認証ベースの ノーコード版カスタマーポータル New

21.

New 設定 > CheckoutとPayment Linksから サブスクリプション作成数を制限する

22.

ローコードなマイページ組み込み Stripeによる、「段階的な独自UI化」 Payment Links / ダッシュボード ノーコードで素早く開始 ・メールアドレスまたはリンク ・単発・サブスクリプション ・システム連携はWebhook カスタマーポータル メール認証式マイページ ・請求情報の表示 ・決済情報の変更 ・プラン変更・解約など 22

23.

ローコードなマイページ組み込み Stripeによる、「段階的な独自UI化」 Payment Links / ダッシュボード Checkout / 料金表 ノーコードで素早く開始 段階的な「埋め込み化」 ・メールアドレスまたはリンク ・単発・サブスクリプション ・システム連携はWebhook ・リダイレクト型申し込みページ ・APIでシステムと顧客情報を連携 ・後ろの連携は、 ノーコード時代のシステムを活用 カスタマーポータル カスタマーポータル(ディープリンク) メール認証式マイページ 段階的な「埋め込み化」 ・請求情報の表示 ・決済情報の変更 ・プラン変更・解約など ・マイページTOPを独自UIに ・必要な「操作」を、 ディープリンクにて実現 23

24.

ローコードなマイページ組み込み Stripeによる、「段階的な独自UI化」 Payment Links / ダッシュボード Checkout / 料金表 Elements ( JS / iOS / Android ) ノーコードで素早く開始 段階的な「埋め込み化」 独自UIで「ホワイトラベル化」 ・メールアドレスまたはリンク ・単発・サブスクリプション ・システム連携はWebhook ・リダイレクト型申し込みページ ・APIでシステムと顧客情報を連携 ・後ろの連携は、 ノーコード時代のシステムを活用 ・埋め込み型決済フォーム ・より柔軟な決済シナリオ ・Appearance APIによるカスタマイズ カスタマーポータル カスタマーポータル(ディープリンク) APIを利用した独自UI メール認証式マイページ 段階的な「埋め込み化」 独自UIで「ホワイトラベル化」 ・請求情報の表示 ・決済情報の変更 ・プラン変更・解約など ・マイページTOPを独自UIに ・必要な「操作」を、 ディープリンクにて実現 ・Stripe APIをシステムに組み込み ・準備できた機能から順に ディープリンクより移行する 24

25.

売上の獲得 収益状況を知るメンバーは多い方が良い https://blog.hubspot.jp/revenue-operations

26.

“常に管理しやすく、以前は丸 1 日かけ ていた売り上げ分析が、半日で完了する ようになりました。クレジットカードの不正 使用なども、ダッシュボード上から確認で きるので、すぐに対応が可能です。”

27.

Stripeダッシュボードで始めるRevOps 未払い顧客リストを ブックマークか 社内Wikiにリンク https://dashboard.stripe.com/custo mers?delinquent=true&type=regist ered

28.

「売上・決済」から「収益」へ New ホーム画面を ユーザーごとに 見たい情報だけに カスタマイズ 28

29.

3Dセキュアの認証率も簡単にチェックできる

30.

「売上・決済」から「収益」へ Notice 2025/03 全てのECサイトで 3Dセキュア認証の 導入が義務化 https://www.j-credit.or.jp/download/news20231114_a1.pdf 30

31.

「売上・決済」から「収益」へ Notice Charges / Sources API ↓ Payment Intents API / Setup Intents API への移行ガイド https://stripe.com/docs/payments/payment-intents/migration 31

32.

3Dセキュア2 ( EMV 3DS ) テストカード番号: 4000 0000 0000 3220 https://stripe.com/docs/testing#three-ds-cards 32

33.

開発時間の41%は、 バグ対応や保守・技術負債に費やされている https://youtu.be/5aqwPlMHFM8

34.

Stripe Workbench (Preview) https://workbench.stripe.dev/workbench

35.

開発者体験をさらに良くする ブラウザの開発者ツールのように、決済をデバッグ 今見てるデータの関連情報を表示 Webhookやリクエストログを一覧で https://stripe.com/sessions 35

36.

Stripe Workbench (Preview) https://workbench.stripe.dev/workbench

37.

Thanks! [追加のリソース] Stripeに関する開発TipsやHow to https://qiita.com/organizations/stripe https://zenn.dev/stripe?tab=books https://stripe.com/sessions 37

38.

Thanks! 今年もアドベントカレンダーやります! https://adventar.org/calendars/9070 https://stripe.com/sessions 38