AWSとStripeで始める サーバーレスな 「バックオフィス業務自動化」

1.9K Views

November 10, 23

スライド概要

JAWS-UG会津 2023/11の資料です

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

「JAWS-UG会津」&「JP_Stripes会津」re:boot 合同勉強会 AWSとStripeで始める サーバーレスな 「バックオフィス業務自動化」 @hidetaka_dev Updated Apr 2023

3.

https://morisawafonts.com/ + → Scalable SaaS 3 https://speakerdeck.com/tomuro/lao-pu-qi-ye-gakai-fa-zu-zhi-karutiyano shua-xin-woxing-i-saas-zhan-lue-niqie-riti-etahua?slide=21

4.

+ → Scalable EC 4 https://speakerdeck.com/miu_crescent/sabaresudexi-garuhtbnonei-zhihua-sutori?slide=55

5.

Powered by AWS and Stripe 売り上げの獲得と回収を、Stripeで自動化 5

6.

Powered by AWS and Stripe ビジネスは、「一度売れば終わり」ではない 6

7.

👋 Hello! Hidetaka Okamoto(岡本秀高) Developer Advocate @ Stripe 💬 @hidetaka_dev ✉ https://hidetaka.dev AWS Samurai 2017 AWS Community Builder Alexa Champions

8.

「売上・決済」から「収益」へ ビジネスは、「一度売れば終わり」ではない 8

9.

「JAWS-UG会津」&「JP_Stripes会津」re:boot 合同勉強会 「売上・決済」から「収益」へ 73% 短期的な収益性の改善がより重要 ● 短期的な売り上げの向上 ● コスト削減と効率化 サブスクリプションと課金請求管理の現状に関する報告書- Stripe https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000077879.html https://stripe.com/sessions 9

10.

「売上・決済」から「収益」へ 「売れた後」に発生するバックオフィス業務(一例) ● ECサイト ○ 発送業務・チャージバック / 返品対応・顧客サポート ● SaaS・サブスクリプションビジネス ○ 請求・契約管理・未払い発生時のフォロー ● ビジネスの成長 ○ MRR / LTVなどの分析 ○ アップセルやクロスセルによる客単価の向上 10

11.

「売上・決済」から「収益」へ ダッシュボードで 業務に必要な 情報やリストを 集約管理 11

12.

ノーコード版カスタマーポータルで、 ユーザーが自分で対応できる範囲を拡げる

13.

Stripeの「銀行振込」 銀行振込のデジタル化で、面倒な「手作業」を自動化 売上振込 代金振込 入金管理 購入者 ● ● ● Stripe が提供する 購入者専用の銀行口座 販売者 Stripe上でバーチャル銀行口座(仮想銀行口座)番号 を、購入者ごとに発行 ○ バーチャル口座は、 三井住友銀行 との連携のもと提供 金額と振込口座の情報を販売者から購入者に伝えることで、 振込を簡単に実現 振込の履歴・ステータスは、 ダッシュボードや API 経由で確認することが可能

16.

「売上・決済」から「収益」へ 分析や自動化を、AWSとStripeで実施する AWS account レポートデータの出力 データの取得 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) AWS Cost & Usage Report 生データ出力 Amazon AppFlow データの取得 Amazon QuickSight 変換と フィルター Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) AWS Glue DataBrew 構成参考: https://track3jyo.com/2023/04/hugo-ranking-widgets/ 16

17.

クイックスタートで 手軽にセットアップ AWS account AWS Lambda PutEvents Amazon EventBridge 17

18.

AWSとStripeを連携する イベントから 契約・顧客の状態 を知る 18

19.

AWSとStripeを連携する Stripe Webhookは、「状態の変化」をお知らせする ● ● ● ● ● ● カードの期限切れ トライアルの終了 契約の更新 プラン変更の実施 不正利用 etc.. 19

20.

AWSとStripeを連携する EventBridgeの フィルターで 処理するデータを 事前に絞り込む 20

21.

AWSとStripeを連携する 顧客への通知やシステム連携もWebhookから AWS account Webhook イベント AWS Step Functions workflow Email AWS Lambda Amazon Simple Email Service (Amazon SES) Amazon Cognito PutEvents 制限グループに 移動 Amazon EventBridge Amazon CloudFront 未払いや 利用制限の 通知メール Users Functions アクセス制限の Edge Function設定 21

22.

「売上・決済」から「収益」へ クロスセルやアップセルはまだまだビジネスチャンス 54% 89% 82% クロスセル提案を 行なっていない サイトの割合 アップセルを 行なっていない サイトの割合 カート放棄(カゴ落ち) フォローアップを 未実施のサイト EC サイトにおける決済フローの現状アジア太平洋地域 2022 年版 https://stripe.com/jp/guides/state-of-asia-pacific-checkouts-2022 https://stripe.com/sessions 22

23.

AWSとStripeを連携する Pinpoint や Amplify SDKを利用した行動分析 + α AWS account PutEvent (Amplify SDK) Client Amazon Pinpoint PutEvent (AWS SDK) Amazon Simple Email Service (Amazon SES) Email Users Amazon Kinesis Admin Stripe Webhook AWS Lambda Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) Amazon Athena Amazon QuickSight 23

24.

New Stripe Data Pipeline StripeのデータをAmazon Redshift / Snowflakeへ送信・同期

25.

https://aws.amazon.com/jp/blogs/big-data/ingest-stripe-data-in-a-fast-and-reliable-way-using-stripe-data-pip eline-for-amazon-redshift/

26.

「売上・決済」から「収益」へ 「売った後」のことも、StripeとAWSで効率化・自動化 26

27.

Revenue and Finance Automation with ecosystems

28.

「売上・決済」から「収益」へ 様々な会社が、「収益性」への意識を高めている https://offers.hubspot.jp/state-of-revops-report HubSpot: Revenue Operations ( RevOps ) https://note.com/suuyan73/n/ne950839ad257 LayerX: Business Operations ( BizOps ) https://stripe.com/sessions 28

29.

RevOps / BizOps -> RFA ● 何を自動化すべきか? ● 今はどんなプロセス? ● どこにIssueがある?

30.

RevOps / BizOps -> RFA ● 何を自動化すべきか? ● 今はどんなプロセス? ● どこにIssueがある? 「自動化すべきOPS」を まず把握・整備しよう

31.

明日から試せる 小さなRevOps 31

32.

メール通知で、 「何かが起きたこと」に気 づける仕組みを作る

33.

明日から試せる小さなRevOps 小さな1歩目は、社内の通知から AWS account Webhook イベント PutEvents Email notification AWS Lambda Amazon EventBridge ● 新しいユーザーの申し込みのお知らせ ● 解約の発生とその理由の共有 ● 未払いや不審請求申立ての発生通知 ● 週次・月次のMRRや解約率レポート ● etc… Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) Users AWS Chatbot Chat Notification 33

34.

Thanks! [追加のリソース] Stripeに関する開発TipsやHow to https://qiita.com/organizations/stripe https://zenn.dev/stripe?tab=books https://stripe.com/sessions 34

35.

Thanks! 今年もアドベントカレンダーやります! https://adventar.org/calendars/9070 https://stripe.com/sessions 35