フリーソフトではじめる機械学習入門 (第2版) 第11章

280 Views

October 28, 23

スライド概要

profile-image

機械学習や音声認識に関する書籍を執筆しています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

11. モデル推定 11.1 数値特徴に対する「教師なし・モデル推定」問題の定義 11.2 クラスタリング 11.3 異常検出 11.4 確率密度推定 荒木雅弘: 『フリーソフトではじめる機械 学習入門(第2版)』 (森北出版,2018年) スライドとJupyter notebook サポートページ

2.

11.1 数値特徴に対する「教師なし・モデル推定」問題の定義(1/3) 問題設定 教師なし学習 正解なし数値ベクトル → クラスモデル データ全体を説明するモデルを見つける 機械学習 教師あり学習 教師なし学習 中間的学習 モデル推定 応用例 顧客セグメンテーション 異常検知 パターン マイニング

3.

11.1 数値特徴に対する「教師なし・モデル推定」問題の定義(2/3) データセット(正解なし) (密な)d次元数値ベクトルの集合 {xi } i = 1, … , N ​ モデル推定とは クラスタリング 個々のデータを生じさせた共通の性質をもつクラスを見つける 確率密度推定 クラスの統計的性質を推定する 与えられたデータを1クラスとみなすと、異常検知が行える

4.

11.1 数値特徴に対する「教師なし・モデル推定」問題の定義(3/3) 正解なしデータ、クラスタリング結果、確率密度推定結果

5.

11.2 クラスタリング クラスタリングとは 「共通の性質をもつクラス」= 「特徴空間上で近い値をもつデータの集まり」と考え、データ のまとまりを見つける まとまり:「内的結合の小ささ」と「外的分離の大きさ」が同時に満たされる集合 内的結合: 同じ集合内のデータ間の距離 外的分離: 異なる集合間の距離 クラスタリング手法の分類 階層的手法 ボトムアップ的にデータをまとめてゆく 分割最適化手法 トップダウン的にデータ集合を分割し、最適化してゆく

6.

11.2.1 階層的クラスタリング (1/5) 階層的クラスタリングの手順 1. 1データ1クラスタからスタート 2. 距離(linkage)が最小のクラスタ対を求めて、1つにまとめる 3. 2.を繰り返し、全データが1クラスタになれば終了

7.

11.2.1 階層的クラスタリング (2/5) 距離(linkage)の定義とできるクラスタの傾向 単連結法(single) 定義:最も近いデータ対の距離 傾向:クラスタが一方向に伸びやすくなる 完全連結法(complete) 定義:最も遠いデータ対の距離 傾向:直径の小さいクラスタが優先的に形成される 群平均法(average) 定義:すべてのデータ対の距離の平均 傾向:単連結と完全連結の中間的な形 Ward法(ward) 定義:融合前後の「クラスタ内のデータと平均との距離の二乗和」の差 傾向:極端な形になりにくく、よく用いられる基準

8.

11.2.1 階層的クラスタリング (3/5) irisデータの0, 1次元目から2次元の教師なしデータを作成してクラスタリング import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from sklearn.datasets import load_iris from sklearn.cluster import AgglomerativeClustering, KMeans, AffinityPropagation from sklearn.mixture import GaussianMixture from sklearn.neighbors import LocalOutlierFactor iris = load_iris() X = iris.data[:,0:2] # データ表示用関数 def result_plot(X, y): for t in set(y): plt.scatter(X[y==t,0], X[y==t,1]) plt.legend(set(y))

9.

11.2.1 階層的クラスタリング (4/5) `AgglomerativeClustering` のパラメータ `linkage`: 距離の基準。デフォルトは `ward` `n_clusters`: 結果のクラスタ数。デフォルトは2 メソッド `fit`: 正解なしデータを引数として呼び出すと、`labels_` 属性にクラスタリング結果が 得られる # クラスタ数を3に指定して階層的クラスタリング ac = AgglomerativeClustering(n_clusters=3) ac.fit(X) result_plot(X, ac.labels_)

10.

11.2.1 階層的クラスタリング (5/5) 距離の基準とクラスタリング結果 single complete average ward

11.

11.2.2 分割最適化クラスタリング (1/5) 分割最適化クラスタリングとは データ分割の良さを評価する関数を定め、その評価関数の値が最適となる分割を求める ただし、すべての可能な分割に対して評価値を求めることは、データ数 不可能 例:2分割で 2N 通り 従って、適切な初期値から探索によって準最適解を求める N が大きくなると

12.

11.2.2 分割最適化クラスタリング (2/5) k-meansアルゴリズム 1. 分割数 k を予め与え、乱数で k 個のクラスタ中心を設定 2. 各データについて、クラスタ中心との距離に基づいて所属クラスタを決定 3. 各クラスタについて、クラスタ中心を所属データの平均ベクトルの位置に移動する 4. クラスタ中心の変化がなくなるまで 2, 3を繰り返し × × × × × × × × 初期クラスタ中⼼の配置 所属クラスタの決定 クラスタ中⼼の計算 所属クラスタの決定 × × クラスタ中⼼の計算

13.

11.2.2 分割最適化クラスタリング (3/5) `KMeans` のパラメータ `init`: 初期クラスタの決め方 デフォルトは初期クラスタが散らばるようにする `kmeans++` `n_clusters`: クラスタ数。デフォルトは8 km = KMeans(n_clusters=3) km.fit(X) result_plot(X, km.labels_)

14.

11.2.2 分割最適化クラスタリング (4/5) k-means法の問題点 1 分割数 k を予め決めなければならない 解決法 エルボーメソッド データとクラスタ中心との平均二乗距離 (inertia) を結果の評価値として、その値の減り方が inertia 鈍るところを見つける k 2 3 4 5 6 7 8

15.

11.2.2 分割最適化クラスタリング (5/5) k-means法の問題点 2 得られる結果が初期値に大きく依存する 解決法 ⇒ Affinity Propagation アルゴリズム すべてのデータがクラスタ中心の候補 クラスタ中心らしさ (responsibility)とクラスタへの属しやすさ(availability) をデータ間 で伝達して収束させる クラスタ数を予め決める必要がない

16.

Affinity Propagation (1/3) データ i とデータ k の間に定義される3つの関数 s(i, k) : データ i とデータ k の類似度。距離の反数がよく用いられる r(i, k) : データ k がデータ i が属するクラスタの代表点となるべき証拠の累積値 ′ ′ r(i, k) ← s(i, k) − max {a(i, k ) + s(i, k )} ′ ​ ∀k  =k a(i, k) : データ i がデータ k を代表点とするクラスタに所属するべき証拠の累積値 a(i, k) ← min{0, r(k, k) + ∑ max(0, r(i′ , k))} f or i  =k ​ i′ ∈{i,k} / a(k, k) ← ∑ max(0, r(i′ , k)) ​ i′ ∈{i,k} /

17.

Affinity Propagation (2/3) Affinity Propagationのアルゴリズム 1. r, aの値を0で初期化 2. r を以下の式で更新(λは学習率) rt+1 (i, k) = λrt (i, k) + (1 − λ)rt+1 (i, k) ​ 3. ​ ​ aを以下の式で更新 at+1 (i, k) = λat (i, k) + (1 − λ)at+1 (i, k) ​ ​ 4. 2,3 を収束するまで繰り返し、r(i, i) + a(i, i) ​ > 0 となるものが代表点

18.

Affinity Propagation (3/3) `AffinityPropagation` のパラメータ `preference`: 各点の代表点としての選ばれやすさ。負にするとクラスタ数が少なくなる メソッド `fit`: `labels_`属性にクラスタリング結果、`cluster_centers_`属性に代表点のリスト が得られる ap=AffinityPropagation() ap.fit(X) result_plot(X, ap.labels_)

19.

11.3 異常検知 (1/4) 異常検知とは 外れ値検知:データ中で、他のデータから値が外れているものを検知 変化点検知:時系列信号等で観測値の振舞いの変化点を検知(例:心電図データの異常) 外れ値検知(静的異常検知) データの分布から大きく離れている値を見つける 手法 観測値 x と、データの確率分布(平均 μ、共分散行列 Σ)とのマハラノビス距離 a(x) に基づいて 判断する a(x) = (x − μ)T Σ−1 (x − μ) 近傍のデータ密度の違いに基づいて判断する(局所異常因子)

20.

11.3 異常検知 (2/4) 局所異常因子による外れ値検知 周辺密度 あるデータの周辺の他のデータの集まり具合 局所異常因子(LOF: local outlier factor) あるデータの周辺密度と、その近くの k 個のデータの周辺密度の平均との比 : 周辺密度が⾼いデータ k から⾒て3番⽬ までに近いデータ から⾒て3番⽬ までに近いデータ : 周辺密度が低いデータ

21.

11.3 異常検知 (3/4) 局所異常因子の計算 到達可能距離(x(k) は x に k 番目に近いデータ) RDk (x, x′ ) = max(∥x − x(k) ∥, ∥x − x′ ∥) ​ 局所到達可能密度 k 1 LRDk (x) = ( ∑ RDk (x(i) , x))−1 k i=1 ​ ​ ​ ​ 局所異常因子 LOFk (x) = ​ 1 k ​ ∑ki=1 LRDk (x(i) ) LRDk (x) ​ ​ ​ ​

22.

11.3 異常検知 (4/4) `LocalOutlierFactor` のパラメータ `n_neighbors`: 近傍とするデータ数。デフォルトは20 `novelty`: 新規性検出に用いるか。デフォルトは`False` X, _ = load_iris(return_X_y=True, as_frame=True) X['petal width (cm)'][0] = 2.5 + 0.76 # 異常値(最大値+1標準偏差)の混入 lof = LocalOutlierFactor() lof.fit(X) X['lof'] = lof.negative_outlier_factor_ X.hist(column='lof')

23.

11.4 確率密度推定 (1/5) 教師なし学習で識別器を作る問題 クラスタリング結果からは、1クラス1プロトタイプの単純な識別器しかできない 各クラスの事前確率や確率密度関数も推定したい ガウス混合分布モデル データの広がりを複数の正規分布の混合で表す k 個の初期分布を与え、EMアルゴリズムで最適化してゆく 分布 分布

24.

11.4 確率密度推定 (2/5) k-means法からガウス混合分布モデルへ(EMアルゴリズム) k 個のクラスタ中心を乱数で決める ⇒ k 個の正規分布を乱数で決める クラスタ中心との距離を基準に各データをいずれかのクラスタに所属させる ⇒ データが分布から生成される確率に基づき、データを各クラスタに緩やかに所属させる 所属させたデータをもとにクラスタ中心を再計算 ⇒ データのクラスタへの所属度に基づき、分布のパラメータ(平均、共分散行列)を再計算

25.

11.4 確率密度推定 (3/5) E (Expectation) ステップ:確率計算 p(cm )p(xi ∣ cm ) p(xi ) p(cm )p(xi ∣ cm ) = k ∑j=1 p(cj )p(xi ∣ cj ) p(cm ∣ xi ) = ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ = ​ ​ ​ ​ ​ ​ p(cm )ϕ(xi ; μm , Σm ) ∑kj=1 p(cj )ϕ(xi ; μj , Σj ) ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ M (Maximization) ステップ:分布の最尤推定 μm = ​ 1 ∑ p(cm ∣ xi ) xi ∣D∣ x ∈D ​ ​ i Σm = ​ ​ ​ ​ ​ 1 ∑ p(cm ∣ xi )(xi − μm )(xi − μm )T ∣D∣ x ∈D ​ ​ i ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​

26.

11.4 確率密度推定 (4/5) ガウス混合分布モデルの問題点 分割数 k を予め決めなければならない 情報量規準の最小化 2分割から始めて、分割数を適応的に決定する 分割の妥当性の判断:BIC (Bayesian Information Criterion)が小さくなれば分割 を継続 BIC = −2 log L + q log N L: モデルの尤度 q : モデルのパラメータ数 N : データ数

27.

11.4 確率密度推定 (5/5) `GaussianMixture` のパラメータ `n_clusters`: 分布の混合数。デフォルトは1 `covariance_type`: 共分散行列のタイプ指定。デフォルトは`full` メソッド `fit`: `means_`属性に平均ベクトル、`covariances_`属性に共分散行列が得られる gmm = GaussianMixture(n_components=3, covariance_type='full') gmm.fit(X)

28.

11.5 まとめ モデル推定 データのまとまりを発見するプロセス 階層的クラスタリング 類似度に基づいてボトムアップにデータをまとめてゆく 分割最適化クラスタリング トップダウンでのデータの分割を最適化 確率密度推定 分割最適化クラスタリングの一般化